業種の比較

事業立ち上げおよび個人資産保護サービス

法人化する

業種の比較

このチャートを使用して、組み込む前にエンティティの特性をすばやく比較します。 業種、課税、比較、法人の種類に関する詳細については、以下のリンクをご覧ください。

単独事業者 Cコーポレーション S株式会社 LLC
事業が訴えられた場合の所有者に対する訴訟保護? NO YES YES YES
所有者が訴えられた場合の事業資産に対する資産保護 NO NO NO YES
追加の事業税控除はありますか? NO YES YES YES
誰が事業利益に課税されますか? オーナー 会社 株主 選択 - 所有者または会社
いつ使うの? お勧めできません 上場企業である個人所得税と比較して低い法人税を利用して医療費を控除する事業を所有する。 所有者が企業収益の大部分を自分自身に支払う事業を所有する。 不動産を所有する。 資産保護のために現金を保持する。 自分の会社の株を所有する。
メリット ここに記載されている他のものよりも、負債が少なく、課税控除が少ない。 所得の最初の$ 15に対する50,000%法人税のみ。 税金を15.3%割引します。 12.4%Social Securityと2.9%Medicareをこの部分の収入で15.3%節約するために、少額だが合理的な給与を自己支払いし、残りを「株主への分配」として支払います。 所有者(会員)が訴訟を起こされた場合、LLCの内部に保有されている資産を差し押さえられないよう保護するための法律の規定があります。
課税 唯一の所有者として - すべての収入は所有者に流れます。 企業は控除後に独自の税金を支払います。 (すべての「営利目的」の法人は、デフォルトでC法人として課税されます。) 株主は控除後に税金を支払います。 (S法人になるためには選挙を提出しなければならない)。 株主は、米国市民または居住外国人に限られます。 あなたの選択。 個人事業主、パートナーシップ、C企業、またはS企業として課税することができます。 デフォルトでは、1人の所有者のみの場合は**単独所有者として、2人以上の所有者の場合はパートナーシップとして課税されます。 C法人として課税される納税申告書とS法人として課税される追加申告書を提出する
所有権 唯一の所有者 株主 株主 メンバー
リーダーシップ紹介 唯一の所有者 役員/取締役(通常は同一人物になることができます) 役員/取締役(通常は同一人物になることができます) 管理者/メンバー(通常は同一人物になることができます)
資金調達 通常個人的に保証されているお金を借りる 所有者の個人的な保証なしに資本を調達するために株式を売却する(準拠法の適用を受ける) 所有者の個人的な保証なしに資本を調達するために株式を売却する(準拠法の適用を受ける) 所有者の個人的な保証なしに増資のために会員持分を売却する(適用法の範囲内)
ガイドライン文書 なし 条例 条例 運営契約
所有権ドキュメント なし 株式 株式 運営契約/会員ユニット
二重課税が必要ですか? NO NO - 配当金が支払われた場合のみ したがって、配当ではなく給与と賞与を支払います。 NO NO
事業主は給料を控除することができますか? NO - 事業と所有者は税務上同一のものです。 YES YES YES

*「C」と「S」の文字は、IRS税法の章を表します。 C法人とS法人は、法人の種類ではなく、法人税の種類です。

**企業がどのように課税され、所有者を訴訟からどのように保護するかは、2つの異なる問題です。 例えば、単独の所有者は所有者に訴訟保護を提供しません。 ただし、単独の所有者として課税されるLLCは可能です。