S株式会社

事業立ち上げおよび個人資産保護サービス

法人化する

S株式会社

S社は、IRS Revenue Codeの第S章Sの要件を満たすように構成されているため、このように命名されたビジネス構造の一種です。多くの点で、これは伝統的な企業によく似ています。しかし、特定の種類のビジネス組織に利益をもたらす可能性がある特定のパートナーシップのような特性を持ちます。 S社として扱われることの主な利点の1つは、パススルー課税の利点です。 パススルー課税は、株主が最初に会社レベルで、次に個人レベルではなく、パートナーシップのように個人レベルで課税される場合に発生します。 これは、単純なパートナーシップによるパススルー課税の利点、および企業が提供する限られた負債と資産の保護など、多くの場合、両方の長所を兼ね備えた株主になります。

税務上の利点

標準的な(または「C」)企業は、会社としての収益に課税され、その後、個々の株主に分配された配当は、再び個別の税率(連邦税では約15%)で課税されます。 これは二重課税の危険として知られており、S社の存在の主な理由の一つです。

一方、Sコーポレーションは、会社レベルで課税されていません。 代わりに、個々の株主の限界利率での株主への分配に基づいて課税されます。 心に留めておくべきことの一つは、この課税は株主への実際の分配があるかどうかにかかわらず発生するということです。 これは、所得が株主への分配として一度だけ課税されることを意味します。

このパススルー課税方法は恩恵と迷惑の両方になり得ます。 たとえば、Wallaby、Inc.という架空の会社を考えてみましょう。John、Jack、およびJacobの3人のパートナーがあり、Johnは50%を所有し、Jackは25%を所有し、Jacobは残りの25%を所有します。 ワラビー社は、昨年純利益として$ 10百万ドルを稼いだ。 課税時に、ジョンは$ 5百万ドル、ジャック$ 2.5百万ドル、およびジェイコブは残りの$ 2.5百万ドルを請求する必要があります。 ジョンが過半数の所有者として純利益利益を分配しないことを決定した場合、ジョン、ジャックおよびジェイコブは、3つのうちのどれも実際の収入を得なかったとしても、その方法で分配が行われたか現金分配 この状況は、少数派または望ましくない相手を絞り出すための試みにおいて、多数派パートナー(または共謀相手)による「絞り遊び」と呼ばれるものを介して操作することができます。

従来の法人では、当初の法人税がありますが、実際の分配が行われない限り、個々の株主レベルでの配当税はありません。

S社のもう1つの制限は、株主の数が100に制限されているという事実であり、株主が1人しかいない場合、IRSがS社のステータスを無視して会社を標準法人として扱うという危険性があります。税務上の目的のために。 これは、企業の正式な手続きから何らかの逸脱がある場合に起こりやすくなります。

エスコーポレーション

S企業としての組織の形成は、伝統的な企業と同じように、企業の手続を遵守しなければならないことも意味します。 会社手続きは、会社の設立によってもたらされる保護を維持するために、会社の取締役、役員、または株主によって実行されなければならない行動です。 これらは、当社の取締役、役員、および株主の個人資産を保護するのに役立つ不可欠な手順です。

方式は次のように要約することができます。

  • コーポレートファンドは、パーソナルファンドとは別に、離れて維持されなければなりません。
  • 取締役会の年次総会がなければなりません。
  • 議事録を作成し、その議事録を管理する役員が1名存在しなければなりません。
  • すべての企業契約、契約、および戦略的買収は、書面の形式でなければなりません。

企業手続に関するより詳細な説明と説明は、次のセクションにあります。 企業形式チェックリスト。 さらに、企業の手続の遵守は、あらゆる企業を成功裏に運営するための必須条件であると述べています。 これらの手続は、会社の地位によって与えられた有限責任および税務上の利益を保護するのに役立ちます。

S章の治療のためのファイリング

S社の地位を達成するために必要なステップはそれほど複雑ではありませんが、その地位が精査に耐え、地位の恩恵を受けられるようにするために、細心の注意を払う必要があります。

開始するには、既存の法人の株主、または新しい法人の所有者は、その法人の居住国がS法人を認める場合は、現地の書類と一緒にIRS Form 2553を実行しなければなりません。同じ、そしてさらに他の人たちはS指定を可能にし、同様の課税戦略に従う)。 現在の課税年度に法人がSステータスであると見なされるためには、この選挙の執行および提出は、法人課税年度終了後の3ヶ月目の16日前に行わなければなりません。 会社は、前述の2.5ヶ月間にS社の資格を満たしている必要があり、すべての株主は、ステータスの変更時に株式を所有しているかどうかにかかわらず、ステータスに同意する必要があります。

選挙ステータスの放棄

Sコーポレーションの地位は、適切な契約解除書の提出によって自発的に放棄することができます。 このようなステータスの取り消しは、過半数株主の承認と同意がある場合にのみ可能です。 完全なプロセス、およびすべての必要な補足情報の要件は、IRS規則セクション1.1362-6(a)(3)およびS社の米国法人所得税申告書1120Sに記載されています。

IRSや州フランチャイズ税務委員会などの規制当局が適格要件の違反を宣言した場合、またはさらに大きな損害を与えたりして、問題となる企業手続の遵守の怠慢が発生した場合法人の個別法人のステータス。

誰がSコーポレーションとして組織するべきですか?

限られた責任とパススルー課税を享受することの二重の利益を探しているパートナーシップ、投資家グループ、さらには既存の企業株主でさえも、適格性の規則が満たされ維持されるのであれば、S Corporationの地位を真剣に検討すべきです。 この形式の組織から得られる利点はたくさんありますが、これはS社のサブチャプターの知識豊富な専門家の助けを借りて下されるべき決定です。

S社(IRSの要件を満たす組織のため、内国歳入法のS章の下で課税されるという理由でそのような名前が付けられています)は、パスとして扱われるようにS章の課税選挙が行われた法人です。これは、資産や資産に対して同じ保護を提供しながら、損益が個々の株主の個人所得申告書に「通過」する(会社への投資または所有に比例して)パートナーシップのようなものです。伝統的な会社としての負債から。 株主は、所得が実際に分配されるかどうかにかかわらず、S社の所得に基づいて個人所得税を支払いますが、従来の会社(または「C」会社)に固有の「二重課税」を避けます。

伝統的な会社とS社の主な違い

「パススルー」課税構造のため、S法人は法人レベルでの課税の対象とはならず、したがって「二重課税」の落とし穴を回避します(標準または従来の法人では、事業所得は最初に法人レベルで課税されます)それから、個々の株主への残余所得の分配は、C社に降りかかる個人的な「所得」として再び課税されます。

連邦法人税率15.00%で課税されるC法人の配当金とは異なり、S法人の配当金(より正確には「分配金」と題されたもの)は、株主の限界税率で課税されます。 ただし、c社の配当金は上記の二重課税の対象となります。 所得は、配当として分配される前にまず企業レベルで課税され、次に個々の株主に発行されたときに所得として課税されます。

たとえば、Cogs IncはS社として結成され、純利益で20百万ドルを稼ぎ、Jackが51%、Tomが49%を所有しています。 ジャックの個人所得申告について、彼は収入で$ 10.2百万を報告し、トムは$ 9.8百万を報告します。 ジャック(過半数所有者)が純利益を分配しないことを決定した場合、ジャックとトムは、現金分配を受けていない場合でも、分配があたかもそのように行われたかのように、依然として利益に対する税金を支払うことになります。 これは、少数派のパートナーを強制的に排除するために使用される可能性がある、企業の「絞り込みプレイ」の一例です。

S社の事業目標

S企業のステータスを持つことは、企業にとっていくつかの大きなメリットをもたらします。 もちろん、まず第一に、有限責任を果たすこと、個人の訴訟その他個人の株主が負う債務の株主への影響を軽減し、それらが企業全体に影響を与えることを防ぐこと、または個人としての残りの株主。 この資産保護の恩恵は、伝統的な会社とS社の両方に当てはまります。 S法人の選択にもっと具体的なのは、パススルー課税の利点です。 S社のステータスに関するIRSの要件を満たすために企業が保有できる株主の数には制限がありますが、規模のしきい値に適合するほとんどの企業(ほとんどの場合、75から100の株主を超えない)が優先されます。それは個々の株主が事業所得のより大きな分配を得ることを可能にするのでS法人として課税されます。 法人は株主に直接収入を渡し、公開会社の配当に内在する二重課税を回避しながら、依然として企業構造の利点を享受することができます。

Sコーポレーションの地位を選ぶ

S社の地位を選択すると、納税義務が発生します。 Sステータスにより、株主は個々の法人所得税申告に会社の損益を適用することができます。 Sの地位を選択するには、まず一般的なC法人として法人化し、次にIRSフォーム2553を提出しなければなりません。 最近法人化した場合、法人は法人化日から75日以内の課税年度中いつでもSステータスを申請することができます。 それ以外の場合は、その選択が現在の課税年度に有効になるように、法人が暦年の納税者である場合、この措置は3月15までに行われなければなりません。 企業は後にS企業の地位を選択することを決定するかもしれませんが、この決定は翌年まで有効になりません。

受動所得の注意

受動的所得とは、投資によって生み出される所得です。 すなわち、株、債券、エクイティタイプの投資、不動産などです。アクティブな収入は、提供されたサービス、販売された製品などによって生み出されます。S社の受動的所得が、会社の総収入の25%を超えないようにすることが重要です。連続した3年間。 そうでなければ、あなたの会社はIRSによってSステータスが取り消される危険があります。 あなたのビジネスが実質的な受動的所得を持つことが期待される場合、より良い選択はLLCかもしれません。

Sコーポレーションの資格取得

S法人の資格を得るためには、いくつかの必要な措置を講じる必要があります。 1 会社は、一般的な営利目的のCクラス会社として結成されなければなりません。 2 あなたの会社が1クラスの株式のみを発行したことを確認してください。 3 株主はすべて米国市民または永住者です。 4 75社の株主しか持てません。 5 あなたの会社の受動的所得水準は、総収入の25%の上限を超えていません。 6 あなたの会社が12月31以外の課税年度終了日を持っている場合、あなたはIRSからの許可を申請しなければなりません。 あなたの会社が上記のすべてを満たしているならば、あなたはSステータスを選ぶためにIRSでフォーム2553を提出することができます。

Sコーポレーションvs. LLC

有限責任会社は、企業、他のLLC、パートナーシップ、信託および米国外の市民、居住者以外の外国人を所有することができます(「メンバー」として所有します)。 一方、Sコーポレーションは個人の米国市民または永住者の外国人しか所有することができません。 S社は1つのクラスの株式のみを提供できるのに対し、LLCは異なるレベル/クラスのメンバーシップを提供できます。 LLCは任意の数のメンバーを持つことができますが、S法人は最大75から100までの株主に制限されます(設立された州の規則によります)。 S社の株主が個人的な(事業ではない)訴訟で訴えられた場合、株式は差し押さえられる可能性がある資産です。 LLCの会員が個人的な(事業ではない)訴訟で訴えられた場合、会員からの出資を個人から奪われることから保護する規定があります。

S社との法的問題

確かに、企業がS企業として扱われる前に満たす必要がある特定の規制ステップおよび要件があります。 まず、既存の企業の株主(または新しい企業の創設者)は、2553日の前にIRSフォーム16(および企業が設立された州に対応するフォーム)でS企業になることを選択する必要があります。当選が当年度に有効となる場合は、C法人税年度終了日の翌3ヶ月目。 C社は、2 1 / 2月の間に適格企業としての資格を得なければならず、2 1 / 2月の間のすべての株主は、たとえ選挙時に株式を所有していなくても同意しなければなりません。 選挙が租税年度の3か月目の15日以降に行われた場合、その選挙は翌年の租税年度に効力を持ち、選挙時のすべての株主は同意しなければなりません。

エスコーポレーションの解任

S選挙の自発的終了は、最初の選挙が適切に行われた場所でサービスセンターに声明を提出することによって行われます。 取り消しは、取り消しが行われた時点で、会社の発行済みおよび発行済みの発行済み株式数(非投票株式を含む)の半分以上を保有する株主の同意がある場合にのみ行うことができます。 明細書に含まれなければならない特定の情報があり、この情報は規則セクション1.1362-6(a)(3)およびS社の米国法人所得税申告書1120Sに概説されています。

失効は、失効が提出された日以降である限り、発効日を記載することができます。 日付が指定されておらず、取り消しが税年度の3か月目の15日より前に行われた場合、取り消しは現在の税年度に有効になります。 失効が税年度の3か月目の15日以降に提出された場合、その失効は翌年の税年度に有効になります。

私の会社をSコーポレーションとして組織するべきですか?

あなたがあなたの会社に少数の株主以上(しかしあなたの個々の州の限度未満)を持つことを意図していて、同時に課税に関係する潜在的な落とし穴を理解しながらパススルー課税の利益を認めることができます上記の法的要件を満たしていれば、S社はあなたのビジネスを利益を上げ、適切な投資家にとって魅力的なものにするために大いに役立ちます。